インターカムシステム白書

2018年6月27日

無線インカムシステムとは

ライブ会場で無線を有効的に活用したいと思っている人たちも多くいることでしょう。いろいろなシーンで有線・無線が活用されています。

ライブ会場などの舞台の袖、照明、PA位置のシーンにおいて、 有線の内線通信が有効的に活用されています。 有線だと不便と感じるときもあり、そのような場合、内線システムに親機を接続させて、そこからスタッフや、それぞれへと装着するワイヤレスのヘッドセットに通話機能を飛ばすような方法があります。

しかし、大型の無線では、免許取得が必要なケースもあり、免許なく使用したいという人たちが、有線を活用することもあります。

【無線が有効的に活かされるシーン】

普段は行わないような場所でのライブなどのシーンにおいて、無線が有効的に活かされることもあります。商業施設の共有フロアで開催するライブや、文化施設を利用したライブなどのシーンでは、有線という考え方より、無線という発想のほうがより合理的でしょう。

トランシーバーにヘッドセットやイヤホンマイクを付属品として装着することで、そのようなシーンにおいて、無線機能は簡単に有効的に活かされていくことでしょう。

【免許取得が必要なことも】

無線を使用するさい、みなさんが気軽に利用することができない、免許取得が必要なケースもあります。ただし、無線機には、いろいろな種類があり、多くの人たちに、免許取得不要で使用できる特定小電力無線が有効的に活用されています。

レジャー利用で通信範囲も極めて狭いというデメリットはあるかもしれませんが、それでも、いろいろな用途で特定小電力無線を活かすことができるのではないでしょうか。

混信の心配もなく、秘話性能を備えたデジタル簡易無線もあり、ときとして免許申請をして無線機と向きあうことも必要なときはあるかもしれません。

いかがでしょうか。通常のライブであれば、会場に専用のインカム・内線でことは済むかもしれませんが、いま、そうでないシーンで無線を活用したいという願望がより高くなって来ています。

普段はライブをしないような会場で、 無線機器でスタッフ同士のコミュニケーションをスムーズにすることができます。 そのようなアイテムがあれば、照明位置についての微調整、出演者の立ち位置に関する微調整なども、距離のあるスタッフとのやりとりを自由に行うことができ、自在にことを進行させることができます。

有効的活用のために私達は、ある程度有線・無線の使い分けをしっかり行うべきではないでしょうか。