インターカムシステム白書

2018年6月27日

パケットインカムとは

パケットインカムとはとはどのようなモノを言うのでしょうか。パケットインターカムシステムによって、ネットワーク経由で通話を行い、学校における緊急通報や校内連絡をスムーズに行うことができます。

そのようなシステムによって、よりみなさんのいろいろな用途において、インカムを有効的に活かすことができるようになります。パケットインカムシステムによって、 インカムの緊急ボタンを押せば、場所名を含んだ緊急メッセージを校内へとスムーズに流すことができます。

発生場所が分かるから、適切に初動対応をすることができます。

【緊急通報に活用できる】

さらに、パケットインカムシステムは、 受話器を上げることで、あらかじめ設定しておく端末を呼び出すことができます。緊急時のシーンでも、ダイヤルしないで、簡単に通報することができます。

さらに、パケットシステムなら、緊急割り込みもすることができ、 相手が通話しているさいちゅうでも割り込み通話をすることができます。このような方法によって、緊急時待たないでもスピーディーに対応することができます。

【さらにパケットインカムシステムが出来ること】

さらに、パケットインカムシステムを導入することで、 校門から呼び出しに応じ、来訪者を映し出す防犯カメラ映像に自動的に替えることができます。

【職員室とのスムーズな連携】

パケットインカムシステムは、様々なシーンで有効的に活用することができ、職員室だけのシーンではなく、他の教室も、スムーズに通話をすることができます。

パケットインカムシステムを導入すれば、いちいち出かけないでも大丈夫なので、より業務効率をアプリケーションさせることができます。

外線の転送をスムーズに行うことができます。 保護者などからかかってきた電話を教室へ転送することができ、かけて来た人たちを待たせることはなく、信頼関係をしっかり構築することができるでしょう。

【校内LANの有効活用する】

パケットインカムシステムは、 通話網には校内LANを使用して、校内LANの有効活用をすることができます。 教室から職員室までの配線工事が不要というのも、パケットインカムシステムを導入したい大きな理由のひとつではないでしょうか。

ネットワークを経由し、通話からはじまり、緊急通報まで、音声によるコミュニケーションかつ、セキュリティ対応の総合システムは、いまいろいろなシーンでかなり有効的に活かされています。